口コミで情報を集める

赤毛の女性の横顔

顔のしわは老けて見える原因となり、多くの女性でアンチエイジングを目的としたしわ取りの施術が行われます。
この施術には薬剤を注射する手段が一般的とされており、その薬品にはボトックスやヒアルロン酸が用いられています。
ボトックスは、筋肉の収縮を抑制する作用を利用して目立たなくさせるものであり、ヒアルロン酸はしわの溝を膨らませ、肌の弾力を保持させることで効果を得るものです。
いずれも人体には害のない成分でありますが、人によっては副作用または腫れを起こす可能性を秘めています。
全体的な割合から見ても非常に少ないものでありますが、副作用としては発赤が多いです。
また、腫れのほとんどが針を刺すことによって生じた内出血が原因となります。
これらの症状は、全ての人に起こるものではありませんが、発症した場合には症状改善まで数週間の期間が必要という事は事前に知らなければなりません。

注射によって施術した後は、針による傷跡が残ることはありません。
一般的には施術当日からはメイクが可能とされていますが、細心の注意を払い時間を空ける事は重要です。
逆に、先ほど述べた発赤が生じた場合には、メイクによって隠すこともできるので、医師とよく相談する事が望ましいです。
施術によってしわが改善されたからといって気をゆるしてはいけません。
肌トラブルの元とされる紫外線を浴びる事は、シミやそばかすはもちろんの事、酸化によってしわを目立ちやすくさせることもあるので、日焼け対策は十分に行わなければなりません。
また、一度の施術で効果を発揮するのが注射療法ですが、数か月後には効果が薄れてしまう可能性は十分にあります。
定期的な注射を行う事でより効果を発揮するのも注射療法の特徴なので、正しいアフターケアがしわ改善につながるものとなります。