眉間のしわ

栗毛の女性

皮膚の一番奥に真皮とよばれる部分があります。通常の化粧品などは真皮には届かず、表面の角質層に届くだけのものがほとんどです。
紫外線や加齢や生活習慣などで真皮の弾力やハリが失われしわができます。美容外科でしわを治療する場合、この真皮層に働きかける方法があります。
レーザーは肌の真皮に到達し、肌の内部を活性化させ、コラーゲンやエラスチンの発生を促します。小じわで悩んでいる人には最適な治療法です。
またたるみでできるしわにはヒアルロン酸の注射でふっくらとさせ、ハリを取り戻します。表情筋の影響でできるしわにはボトックス注射が行われます。
ボトックスは真皮層より奥の表情筋に作用し動きを抑制し、しわができないようにします。しわが気になる場合、早い年齢から気になる人もいれば、ある程度年齢がいってから加齢による変化に気がついて治療を考える人もいます。
美容外科は若い人から高齢者まで、あらゆる年代の悩みに合った方法を提供しています。

20代のころから美容外科に通うのであれば、治療というより、お手入れに近い感じになります。レーザーで肌の真皮層を活性化させ、シミやソバカスを軽減し、肌の弾力を取り戻すことで皮膚がぴんとはった状態を維持できます。
30代から40代になると、本格的にシワやたるみの治療が必要になってきます。レーザーに加えて、たるみの部分にはヒアルロン酸の注入、表情筋によるシワにはボトックスの注射などを行います。
どちらの注射も体内に吸収されてしまうので、定期的に通院することになります。最終的に、シワはフェイスリフトをするかどうかという決断が必要になります。
若い時からお手入れを続けて、適度なシワは受け入れるという人は、いままでのやり方を続け、緩やかに年を取っていく方向になります。またどうしてもシワをなくしたいという人にはフェイスリフトの手術があります。
顔の皮膚を引っ張り、余分な皮膚を切り取る手術で、一度にシワもたるみもなくなります。シワは加齢とともに進行していく状態です。
自分がどうしたいのかを明確にして治療方法を選択します。